キャッシングを利用する時に総量規制という言葉をよく聞くと思いますが、総量規制とは年収に見合わない借り入れをしてしまって返済が困難にならないように年収の3分の1以上の借り入れを出来なくする規制の事です。返済が困難になってしまうと生活が破綻してしまう事もあるので防ぐために出来た規制でもあります。

総量規制の対象になってきるのは消費者金融など貸金業者です。消費者金融など貸金業者は金利が高く設定されているので加算される利息も多くなります。そのため多額の借り入れをしてしまうと加算される利息もより多くなってしまい返済総額が増えてしまいます。そのため返済が困難になって生活が破綻する可能性があるので総量規制の対象になっています。

総量規制の対象になっていないのは銀行のカードローンです。銀行のカードローンが消費者金融など貸金業者より金利が低く設定されているので返済が困難になって生活が破綻する可能性は低いです。また総量規制の対象になっていないという事から年収の3分の1以上の借り入れをする事は可能ですが、銀行のカードローンにも審査があって年収に見合った借入希望額でないと可決されません。そのため総量規制になってないとはいえ年収に見合わない借り入れをする事は出来ません。